NNSTを心底愛する日記


by nnst55

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
nnst
7824
趣味
水泳の事
スポーツ全般
レース
その他
未分類

以前の記事

2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月

◆ リンク ◆

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2008年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

結果報告!

帆南海の国体50Fr、27秒74のベストでした!

詳しくは後程!
[PR]
by nnst55 | 2008-09-15 10:16 | 水泳の事

GOOD RACEがみれました!


いよいよ国体初日スタートです。

今回の会場は大分にある「別府市営青山プール」です。
実は、今年7月の九州高校総体水泳大会で使用されたプールと
同じプールです。
なので、沖縄の高校生たちは「あのプールか〜」
なんてイメージができると思います。

しかぁ〜し!!そこは国体。
九州高校総体の時とは、施設の充実度が異なります。
仮設の選手村(クーラー完備)はあるし、巨大スクリーンもあります。

スポンサーからの飲料水など飲み放題です。
いいなぁ!なんて思うNNSTのみなさん、早く沖縄代表になろう!
(写真:プールの巨大スクリーン。掲揚台の場所に設置されています)
c0163383_214469.jpg



レースは非常にレベルが高かったです!
私が特に驚いたのは、少年B男女のバタフライ!

女子B(中3・高1)の優勝タイムが58”9!!
男子B(中3・高1)の優勝タイムが53”5!!

翔、一江、優菜。同級生ですよ。どうしますか!?

私も指導者として「どう練習すれば、ああなるのだろうか・・・」
と反省・勉強の連続です。
NNSTの選手は、是非こちらでチェックして下さい。



そして、その後の成年男子バタフライでは51”33の日本記録が出ました!
優勝した河本選手(新潟)は20代後半の選手ですが、
飽くなき探究心が生んだ日本記録だと思います。
めちゃくちゃカッコ良かったです。

沖縄の選手たちも、もっともっと水泳を長く続けてほしいものです。
高校、大学、社会人へと!
しっかり自己ベストを狙ってトレーニングを続けてほしい。


変な表現かもしれないけれど、
年を重ねてからのベスト記録更新ほど、感動します。

(写真:今年度の沖縄代表国体選手3名)
c0163383_2142823.jpg

[PR]
by nnst55 | 2008-09-13 21:08 | 水泳の事

国体に来て、書きたい事が多すぎる!



今日は練習と監督会議がありました。

まず、練習から。
帆南海のレースは国体3日目(月曜日)なので、
まだまだレースには時間があります。

昨日は沖縄からの移動(飛行機2時間→高速バス2時間)も
あって、疲労回復と泳ぎを調整する事に重点を置いて練習
しました。

今日は本人にも伝えていたのですが、練習の強度を上げ
身体に刺激を入れました。
メイン練習は
100×3×2set on2’00” si2’00” Des1to3 W/Fin
で、3本目を1’01”7と1’01”9で泳ぎました。
フィンスイムの苦手な帆南海にとってはまずまずです。

そしてその後、3分間のレストをとって
50×3×2ser on1’10” si1’00” Des1to3
これはフィン無しで泳がせましたが、ラストは28”4と28”2でした。
テンポも上がりすぎていなかったので、良かったです!
充実した練習ができたことに感謝しています。


練習が終わったら昼食をとり、私はすぐさま監督会議へ。

会議終了後、大阪の監督であるO田コーチのところへ挨拶に行きました。
オリンピックメダリストを育てたO田コーチは私にとって
雲の上の存在です。インハイ優勝・決勝などは多数。

昨年の秋に、O田コーチが所属するHスイミングにお願いして、
練習の見学をさせてもらいました。すごく勉強になりました。
たった一度の面識ですが、私の事を覚えていてくれていました。

さらに、
「ちゃんと覚えているよ〜。ブログ見てるよ。」の言葉。
光栄です!!レベルの低い内容ですが、これからも頑張ります。
もちろん、「選手の指導」をです。



そして、宿舎に帰り水球の沖縄代表の応援に大分市まで行きました。

水球の試合(全国大会)を生で観るのは初めてでしたが、
最高にエキサイトしました。
結果は埼玉県に負けてしまいましたが、素晴らしいゲームでした。
やはり、「本気・全力・勝敗」があると、そこには感動が生まれます。

沖縄水球、熱いです。
NNST、負けていると思います。素直に。頑張らねば!!

さらに、びっくりしたのは会場のプール。
公立高校にこんなプールがあるなんて!うらやましすぎます。
沖縄では無理だろうなぁ。
(写真:会場となった大分商業高校のプール。最高の環境です!)
c0163383_230843.jpg





最後に。

宿舎は静岡県と一緒です。
食事やお風呂など、様々な場面で一緒になります。

そのたびに感じるのは、選手の教育が行き届いていること!
30人ぐらいの大所帯ですが、靴は必ず並べてあるし、
統率されているし、元気もあります。
私にも必ず挨拶してくれます。大学生もです!

もちろん、携帯片手にご飯食べている輩などは1人もいません。
食べ終わってもです。公私の判断ができています。
(7月の九州高校遠征では、沖縄の選手達は平気で携帯いじっています。
もちろん、NNSTのメンバーなら絶対許しませんが。)

ミーティング時の態度などは「素晴らしい」の一言です。


本当に、「当然の事が当然のようにできる」選手たちです。
沖縄の課題だと真剣に思いました。


凡事徹底!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


(写真:沖縄代表の3人の後ろには静岡県代表!完全にアウェイ状態です)
c0163383_2304725.jpg



追伸
ブログが毎回長くなってしまい、反省しています。
いつも読んで下さる皆様には、こんなつたない文章を
最後まで読んでいただき感謝です。
まとめる努力をします(笑)。
(でも、国体では書きたい事があふれてきます!)

今年の冬は本土のチームと合宿すると心に決めました。
[PR]
by nnst55 | 2008-09-12 23:01 | 水泳の事

オリンピアン

国体会場に到着して、早速本会場でアップ…
っといきたいところでしたが、今日は本会場でシンクロの
競技中だったため、立入禁止。
仕方なく、となりの練習会場となる青山高校へ。

するとそこは競泳選手達の熱気でムンムン!すでに戦闘状態です。6コースしかないプールでところせましと泳いでいます。
まけじと体操をしていざ入水!
…ふと周りを見渡すと、有名選手がズラリ。その中に私が大好きな自由形100m日本記録保持者の佐藤選手の姿も!
帆南海も好きなようなので、教えてあげたら感動!勝手に二人で興奮していました。

それから帆南海にアップ400を指示したのですが、監督の私は帆南海をほったらかしに、佐藤選手の泳ぎに夢中になってしまいました(笑)。すまぬ帆南海よ。許しておくれ。

他にもオリンピック出場選手が数名泳いでました。



その後は、しっかり帆南海とプールの状況を把握しながら、今日やるべき練習を指示し、泳ぎの調整と疲労回復を目的としたメニューを消化しました。


やはり全国で感じることは技術の高さ、意識の高さ。他府県スタッフの用意周到さ、準備万端さです。色々と勉強になります。どんどん学ばなければ!

ちなみに帆南海は、NNSTではみんなより「良い身体」ですが、ここではまったくもって「小さい、細い」です。

うちの男子連中なんか、ここに連れて来たら「ヒョロ男」の集まりです。
ここでは、みんな体幹がしっかりしているように見えます。
みんな負けんなよな!!ガンガン腹筋しよう。腹殺や!



さぁ、明日は練習攻めますよ!
[PR]
by nnst55 | 2008-09-11 23:37 | 水泳の事

到着

c0163383_15165134.jpg

国体開催地、大分県に到着しました。こちらは台風の影響も無く、晴天です。
今から会場へアップに行ってきます!
[PR]
by nnst55 | 2008-09-11 15:16 | 水泳の事

自ら挑む目覚め

今日は早朝6:30からATを中心の朝練をし、
午後はDrylandとSwim(Sprint)でした。

最近練習をしていて気づく事があります。

それは、少しずつではありますが、
選手が「自ら」練習に向かっている事です。

少しずつチャレンジする選手が増えてきました。



例えば麻衣子。

IMでのショートサイクルなどは、高校から水泳を始めた
麻衣子にとっては無理な練習。
しかし、自分からIMで泳ぎます。Frで泳ごうとしません。
バタフライなどは妥協しがちですが、妥協しません。

もちろん、サイクルアウトします。

でも、また同じような練習がきてもチャレンジします。
メイン中には1番声を出します。
(写真:カメラを向けるといつも笑顔でピースをする麻衣子)
c0163383_0473462.jpg



他にも。

午後には、スプリント練習で25×4本のSDを行きました。

すると、夢美と希織が25のSDをターンタッチにしていました。
新人戦が短水路であることから、自ら「必要」と判断し、
行動したのでしょう。

昂平は6本とんでいました。


このように、練習に「自ら」向かって行く選手が増えてきました。

他チームでは当たり前の事かもしれませんが。


私としては、「やらせる」練習と「自らの自主性(チャレンジ)を待つ」
練習のバランスが難しいところです。

後者ばかりを期待していると、NNSTの選手は九州や全国に
置いて行かれるばかりです。
意識改革をせずに「選手の自主性を待つ」ばかりでは、
指をくわえて速くなるのを待っているようなもの。


まだまだ、あちらこちらに妥協はみられます。

しかし、少しずつ良い方向に向かっていると思います。




今一度、「自分が強くなるために」練習をしよう。
「自分が」です。「自分で」です。




話がとびますが・・・・

北京パラリンピックで、男子自由形で日本人選手が
4位に入賞するレースをみました。
片手がありません。100mを57"で泳いでいました。


男子平泳ぎのレースもみました。
日本人選手が5位に入賞していました。

両手がありません。100mを1'25"で泳いでいました。
ゴールタッチは「頭」でしていました。
迷いも無く、突っ込んでいました。



私たちとは「覚悟」が違います。
まだまだチャレンジしなければ!!
[PR]
by nnst55 | 2008-09-11 01:42 | nnst

スプリント練習

ブログを読み返していたら、練習の内容がぜんぜん書かれて
いなかったので、今日は練習の内容を少し。

今日の練習、私はSSを担当しました。
(現在2名で指導しています。詳しくは後日報告します)


今日のSSのメンバーは4人。
帆南海と一江と夢美と優太です。

4人とも新人戦では50がメインになるメンバーです。
(もちろん帆南海は国体が先ですが)


今日のメインは50×4 on5'00" Dive!!
Tube Resisted&Assisted(Non-Breath!!) W/Finです。

一江がもっとも好きな練習です(笑)。


W/Finと言うこともあって、テンポが上がりませんが
そこを頑張ってほしいところです。

4人ともよく泳げていました。


夢美は新人戦で確実に30秒切ると思います。
いや、切らせます。
今日の泳ぎで再確認できました。

誰もがノーマークの新人でしょうが(スイミング経験無し)、
化けさせてみせます。



優太はクラウチングにして、正解です。
入水時の姿勢が良くなりました。


最後にフィンを外して、
25×3 Dive 3-Stroke Dashを行いました。
「泳ぎが良ければ25Mまで泳いでいいよ」と告げたら、
3人が25Mを泳ぎました。

帆南海は国体で着用する水着に着替えてテストしました。
1サイズダウンして正解でした。

25mを前半テンポ57.1、後半55.5で12"7で泳ぎました。
ストロークも滑っていますし、スタートもきまりました(3打数2安打)。

テンポが60以上になったときに、今のストロークテクニックで泳げれば
目標の27"6です!


ロングがプルの練習時に、泰が鈴奈に後ろからあおられて、
プルブイが足首までずれ、鈴奈に爆笑されていましたが、
全体的に良い練習ができた1日でした。
[PR]
by nnst55 | 2008-09-10 00:30 | nnst

気になる3人

先週の土曜日、国体の強化練習が那覇西プールでありました。

今回の国体は、私が知る限りでは最少人数の3人です。
成年男子が1人、少年B男子が1人、そして帆南海(少年女子A)です。


まだまだ私は、「沖縄の国体監督」ほどの器ではないのですが、
必然的に女子選手が1人なので、私が女子監督に就任しました。


私の役目は「帆南海が国体でベストが出るよう、指導する事」です。

しっかり役目を果たしたいと思います!



今日も練習後に、モチベーションをあげる資料を渡して
少しミーティングをしました。

帆南海は、私が話す時には絶対に眼をそらしません。
心技体、充実しているようです。

国体ではやってやりましょう!帆南海!
(写真:帆南海は眼に力があります。)
c0163383_2357124.jpg





そして、最近気になる男が2人います。


1人は昂平。

間違いなく強くなっていますが、いろいろと考えすぎる所があります。
昂平は長所と短所が一緒で、「気分屋」な所だと思います。
どうせなら、長所として活用しよう!

このまま新人戦まで「風邪」さえ引かなければ絶対に大丈夫です(笑)。

今まで通り、爆進あるのみ!常にチャレンジャーです!

(写真:Kick中の昂平。昂平のギラギラした眼も好きです。)
c0163383_022291.jpg






そして、現在もっとも気になる男 第1位!




それは・・・・・・・・






・・・・・・・・・・・・・・









・・・・・・・・・・・・・・・・・・大樹!!!





おぉぉぉぉ〜い、大丈夫なのかぁ〜!!!!
お前が体調不良で3日も休むなんて、らしくないぞ〜。
c0163383_052268.jpg

[PR]
by nnst55 | 2008-09-09 00:13 | nnst

平成20年度 日本学生選手権


いやー、終わりました!


「第84回 日本学生選手権」!いわゆる「インカレ」!!

この3日間はセイコーリザルツにかじりつきでした。


時間があればセイコーリザルツ!

ネットがあればセイコーリザルツ!

三度の飯よりセイコーリザルツ!
でした(「」にはこだわりがある)!


確認するのは、もちろん我が母校である福岡大学の結果!
初日から大会記録で優勝するなど、最高に興奮した3日間でした。

もちろん、沖縄出身の選手もチェック!応援しています!


結果を知りたい方は こちら まで。



私は常々選手に言い聞かせています。
「競泳では日本一、おもしろい大会だ」と。
本当に、数あるビッグレースの中でも「日本一」だと私は思います。

もちろん、レベルやタイトルとしては日本選手権が1番です。
しかし、日本選手権には無い「チーム対抗」があります。
これが最高におもしろいのです。

インハイにも「チーム対抗」はありますが、比じゃないです。正直。



まず、泳ぐ選手が大人(大学生)であると言う事から、さまざまな想いが
レースに込められています。
なぜなら、ほとんどの大学4年生にとっては、競泳選手として
本当に最後のレースになるのです。



小学6年生が最後のJ.O.で何を想うだろうか。

中学3年生が最後の全中(国体、J.O.)で何を想うだろうか。

高校3年生が最後のインターハイ(国体、J.O.)で何を想うだろうか。


各年代のビッグレースに出場できるレベルの選手にとっては、
「次(高校では~大学では~)はこうなりたい!」というような目標を
大半は考えるだろう。

しかし、インカレでは90%以上の大学4年生が「最後」なのです。
(今の日本の現状から言って、大学卒業後もアスリートとして第一線で
競技を続けられる水泳選手は、本当にごくわずか。)

もちろん、マスターズや社会人として水泳に携わる選手は
私も含めたくさんいます。しかし、「本気」ではありません。


22歳の大人の選手が、一生懸命に打ち込んだ選手生活に
ピリオドを打つ瞬間なのです。

そんな大学4年生が、母校の誇りを胸にレースを引っ張ります!
チームを引っ張ります!
最高にエキサイトするし、最高に感動します。



とにかく、私のつたない文章能力では表現できない
「おもしろさ」がインカレにはたくさんつまっています!
「本気」だからこそ「おもしろい」のです。

大学生として、
「インカレを本気で戦うチーム」
のメンバーの一員として、この大会に出場できたのなら、
私の言いたいことがわかるはずです。

とにかく、水泳は個人競技ではあるが
「チームで戦う」ことの素晴らしさを教えてくれる大会です。


早く、沖縄の選手たちも「インカレ」を経験して
沖縄の指導者として戻ってきて欲しいです。


ちなみに・・・・・

我が母校である福岡大学は、男子が今年もシード権を獲得しました!

シード権とは団体8位以内に与えられる名誉です。
(他にも細かい特典がありますが、ここでは説明を控えます)

男子では、関東の大学以外でシード権を獲得したのは、
愛知県の中京大学と母校の福岡大学のたった2校だけです!

本当に誇りに思います。
地方の大学でありながら、よく頑張っていると思います。
私は愛校心が強いので、とても嬉しく思います。


沖縄の選手も、もっともっと自分の学校を好きになろう!
もっともっと自分のスイミングを好きになろう!
そうすれば、水泳がもっと好きになるはずです。



NNSTも、たくさんのOBやOGが「誇り」に思えるチームに成長できるよう
これからも頑張ります!
[PR]
by nnst55 | 2008-09-07 22:41 | 水泳の事

嬉しい遅刻

今日は早朝練習がありました。
NNSTでは早朝練習は6時35分入水です。
(35分という中途半端な時間は、モノレールの始発の関係)

私は6時過ぎには学校に到着し、練習の準備をしていました。

すると、練習開始5分前ぐらいに同僚の先生がやってきました。

実は、今日から本校の体育科1年生が
西表島でキャンプ実習(3泊4日)なのです。

で、その先生は実習の荷物と生徒を、学校車で空港まで送り
戻ってきたところでした。
実習担当であるその先生は、今度はタクシーで空港まで行くところだったので
私が車で空港まで送ることにしました。
(本校は那覇空港から一番近い学校です。タクシーで1000円ぐらい。)

少し練習に遅れることになるので、W-upの内容だけを伝え、
空港まで送ってきました。

そして、学校に(練習に)戻る途中、たくさんの荷物を抱えながら、
一生懸命走っている本校の生徒がいました。

「誰やろ~?」と思って見たら、なんと水泳部のマネージャーでは
ないですか!(10分遅刻)

そのマネージャーは、プールに到着すると、顔面汗だくでした。
そして急いでウォッチを握りプールサイドへ。



確かに、遅刻はいけません。
良くないことです。


しかし、遅刻した後の「誠意」が素晴らしいと思いました。

水泳部に対する思い。
自分の遅刻に対する反省。
そして、今できることの行動選択と実行。


その額から吹き出る汗が、「誠意」を伝えています。

そもそも自分の練習でもないのに。
人のボランティアをするためなのに。

私は何も言いませんでした。




他のチームや部活では「当たり前」の行動かもしれませんが、
我がチームではまだまだ足りない部分です。

そのマネージャーが成長しているような気がして
嬉しい気持ちになりました。





最後に・・・・・

「負けた後の行動に、チームの品格が問われる」

私の好きな言葉の一つです。
[PR]
by nnst55 | 2008-09-04 00:15 | nnst