NNSTを心底愛する日記


by nnst55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
nnst
7824
趣味
水泳の事
スポーツ全般
レース
その他
未分類

以前の記事

2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月

◆ リンク ◆

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

2009年 04月 27日 ( 1 )

思いやる気持ち

今日は天気がよかったのにもかかわらず、水温が低く(21℃)
風も強かったので選手が練習するには厳しいコンディションでした。

寒いのは誰でもわかっています。みんな感じています。

そんな練習の中での出来事。



Jrチームのゆうこが練習の終盤に、顔面蒼白で
全身痙攣にも似た震えを起こしていました。

明らかに、もう練習は無理の状態です。


それでもプールに入ろうとしていたので

「Jrは練習終わり」と一声言って、
シャワーの場所へ移動させ、温水シャワーを浴びるよう指示。


ガタガタ震えてうずくまっているゆうこに、同じJrの祐希がシャワーをかけてあげていました。

祐希も寒さには弱くて、本人も耐え難いであろう状況にもかかわらず、
水着を着たままの祐希が、ガタガタ震えながら2本あるシャワーを
2本ともゆうこにかけてあげていました。

私が「1つは祐希が使いなさい。祐希も寒いだろ。」と言うと
思い出したかのように、1本を自分にかけていました。

たぶん、あの瞬間の祐希には、ゆうこを思いやる気持ちしかなかったはず。
完全に自分の事を忘れていたと思います。


祐希のやさしさに触れた瞬間でした。
[PR]
by nnst55 | 2009-04-27 22:44 | nnst