NNSTを心底愛する日記


by nnst55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
nnst
7824
趣味
水泳の事
スポーツ全般
レース
その他
未分類

以前の記事

2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月

◆ リンク ◆

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

平成20年度 日本学生選手権


いやー、終わりました!


「第84回 日本学生選手権」!いわゆる「インカレ」!!

この3日間はセイコーリザルツにかじりつきでした。


時間があればセイコーリザルツ!

ネットがあればセイコーリザルツ!

三度の飯よりセイコーリザルツ!
でした(「」にはこだわりがある)!


確認するのは、もちろん我が母校である福岡大学の結果!
初日から大会記録で優勝するなど、最高に興奮した3日間でした。

もちろん、沖縄出身の選手もチェック!応援しています!


結果を知りたい方は こちら まで。



私は常々選手に言い聞かせています。
「競泳では日本一、おもしろい大会だ」と。
本当に、数あるビッグレースの中でも「日本一」だと私は思います。

もちろん、レベルやタイトルとしては日本選手権が1番です。
しかし、日本選手権には無い「チーム対抗」があります。
これが最高におもしろいのです。

インハイにも「チーム対抗」はありますが、比じゃないです。正直。



まず、泳ぐ選手が大人(大学生)であると言う事から、さまざまな想いが
レースに込められています。
なぜなら、ほとんどの大学4年生にとっては、競泳選手として
本当に最後のレースになるのです。



小学6年生が最後のJ.O.で何を想うだろうか。

中学3年生が最後の全中(国体、J.O.)で何を想うだろうか。

高校3年生が最後のインターハイ(国体、J.O.)で何を想うだろうか。


各年代のビッグレースに出場できるレベルの選手にとっては、
「次(高校では~大学では~)はこうなりたい!」というような目標を
大半は考えるだろう。

しかし、インカレでは90%以上の大学4年生が「最後」なのです。
(今の日本の現状から言って、大学卒業後もアスリートとして第一線で
競技を続けられる水泳選手は、本当にごくわずか。)

もちろん、マスターズや社会人として水泳に携わる選手は
私も含めたくさんいます。しかし、「本気」ではありません。


22歳の大人の選手が、一生懸命に打ち込んだ選手生活に
ピリオドを打つ瞬間なのです。

そんな大学4年生が、母校の誇りを胸にレースを引っ張ります!
チームを引っ張ります!
最高にエキサイトするし、最高に感動します。



とにかく、私のつたない文章能力では表現できない
「おもしろさ」がインカレにはたくさんつまっています!
「本気」だからこそ「おもしろい」のです。

大学生として、
「インカレを本気で戦うチーム」
のメンバーの一員として、この大会に出場できたのなら、
私の言いたいことがわかるはずです。

とにかく、水泳は個人競技ではあるが
「チームで戦う」ことの素晴らしさを教えてくれる大会です。


早く、沖縄の選手たちも「インカレ」を経験して
沖縄の指導者として戻ってきて欲しいです。


ちなみに・・・・・

我が母校である福岡大学は、男子が今年もシード権を獲得しました!

シード権とは団体8位以内に与えられる名誉です。
(他にも細かい特典がありますが、ここでは説明を控えます)

男子では、関東の大学以外でシード権を獲得したのは、
愛知県の中京大学と母校の福岡大学のたった2校だけです!

本当に誇りに思います。
地方の大学でありながら、よく頑張っていると思います。
私は愛校心が強いので、とても嬉しく思います。


沖縄の選手も、もっともっと自分の学校を好きになろう!
もっともっと自分のスイミングを好きになろう!
そうすれば、水泳がもっと好きになるはずです。



NNSTも、たくさんのOBやOGが「誇り」に思えるチームに成長できるよう
これからも頑張ります!
[PR]
by nnst55 | 2008-09-07 22:41 | 水泳の事