NNSTを心底愛する日記


by nnst55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
nnst
7824
趣味
水泳の事
スポーツ全般
レース
その他
未分類

以前の記事

2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月

◆ リンク ◆

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

感じた事いろいろ


今回の九州カップで感じた事を書きます。




まず、九州カップの会場となった西市民プールは
「高速プール」として有名!

ブログ「AET」では常々「23mしかない」と紹介のあるプール。

私も福大の選手だったころは、良いレースの想い出しかない。

あのプールでコケた事は無い!!

しかし、NNSTが泳ぐコースだけは27mあるんかなぁーって
今回ばかりは正直思った。





次に感じた事。


我がNNSTの卒業生、福岡大学1年・堀川大!!

頑張ってるなぁ!!かなりタフになっていました。

前回も少し紹介したのですが、今回は

400mFr 3:58.46
1500mFr 15:53.12

の2種目Bestでした!!
1500mのレースは課題山積み(生意気な意見ですみません、田場先輩!)
ですが、400FrはGood Raceだったと思います。

1500mは原因がハッキリしているだけに、今後のレースも楽しみ。

彼は大学入学してまだ1年経たないですが、私が指導していた頃が

400mFr 4:06.35
1500mFr 16:10.31

でしたので、400で約8秒、1500mで約17秒短縮!!

本人と話をしても、練習はもちろん田場イズム全開なので厳しいのだが、
水泳はやっぱり楽しいとのこと。

「練習に自ら向かう」

この姿勢を確立できた選手は、絶対に強くなるなぁと再確認できました。

なんとかインカレ出場できるように頑張ってほしい!!
そして我々NNSTの選手も先輩に負けないように頑張らねば!
(私も指導者として田場イズムを勉強せねば!)

(写真:福大合宿での大と文。体つきもタフになっています)
c0163383_1474590.jpg





次は感動した事。


今回九州カップに出場した沖縄の選手に唯一の大学生がいます。

具志○SSの山○選手。

私が沖縄に戻ってきてからはや7年、彼のレースはちょくちょく見ています。

高校の頃は、Br200mを得意としていた記憶があります。

大学生になってからは、50Frだったり、50Brだったり、IMだったりと
いろんな種目に挑戦している様子。

本当に少しずつBestを更新している印象があります。


その山○選手が今回の九州カップで50Brで決勝に残っていました。

私がなにげに「頑張れよ!」と声をかけると、

「はい。実は21年間生きてきて、初めての決勝です。」
と答えました。

正直、彼に対して失礼かもしれませんが、感動しました!!

九州大会規模のレースで決勝に残った事が無い選手が、
大学までしっかりと練習を継続し、ついには大学3年生で決勝進出。

本当に素晴らしいと思います!!


何が素晴らしいと思うかは、文章でなかなか伝えられませんが、

・県内大学に残って水泳を続け、ベストを更新した選手は何人いるだろうか?

・県外大学に進学して水泳を続け、ベストを更新した選手は何人いるだろうか?



彼も間違いなく、
「練習に自ら向かう」
選手なのだろう。



そして、沖○SS名護にも、同じように社会人になっても
ベスト記録を更新し続け、目標をもって水泳を続けている裕士がいます。

NNSTとして私の後輩でもある裕士もまた、
「練習に自ら向かう」
選手なのだろう。


沖縄のジュニア選手は、彼らのような選手から何を学べるか?

NNSTの選手は、彼らのような選手の水泳に対する姿勢から何を学べるか?



別に全国レベルでは無いにしても、
彼らの姿勢は心を動かせることができると思う。

そんな選手がもっと増えて欲しいと思った。



これらは、別に水泳に対してだけの話をしているのではない。
水泳を辞めた選手に対して、苦言を呈しているわけでもない。


ただ、人生はチャレンジなくしては価値が半減するように思うのだ。


少なくとも、彼らは(堀川大も含めて)楽しそうだった。


私も指導者として、「チャレンジせねば」と、彼らに教えられた。


という話である。



・・・・・・・







・・・・・・・・・・・・・・・











なんだか燃えてきた〜!!!!!
[PR]
by nnst55 | 2009-02-11 19:14 | 水泳の事