NNSTを心底愛する日記


by nnst55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
nnst
7824
趣味
水泳の事
スポーツ全般
レース
その他
未分類

以前の記事

2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月

◆ リンク ◆

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

大祝勝会にて


以前も紹介しましたが、本校は県内で1番スポーツの盛んな
学校だと言っても過言ではありません。

今年の県高校総体では学校対抗で
男子総合優勝、女子総合優勝、男女総合優勝の完全優勝を
達成しました!

創立22年にして13回目の男女総合優勝です。
創立年数の半分以上優勝を経験しています。

私の母校でもありますので、誇りに思います。


今年は県内のみならず、県外でも大活躍しました!!
全国制覇が3名!!(1人は文化部での受賞!)
全国準優勝が1チーム!!

九州での上位優勝は多数です。

なので、11月29日の土曜日に本校体育館にて
学校あげての大祝勝会を開催しました!

(写真:こんな感じで開会。後ろの優勝旗、すごい数です。)
c0163383_23405198.jpg



何度かこのブログでも紹介した本校陸上部。
その陸上部から2名の全国チャンピオンが誕生しました。
今回はその2人を紹介します(許可済)

放送部の生徒と、女子ハンド部(インハイ準優勝)は許可を
もらい忘れたので次の機会に紹介します。



まずは雄!!男子ハンマー投げでインターハイ大会新で優勝。
続いて国体と2連覇!全日本ジュニアは惜しくも大学生に負け2位。

そして春乃!!女子ハンマー投げで国体優勝!
インターハイはハンマー投げの種目がなかったのですが、
円盤投げで決勝に残り入賞。立派です。

そんな投擲陣を指導しているのは知念先生。
最高に強い指導者です。学ぶ事が多すぎます!!
練習中、しっかりと指導法を盗ませてもらっています。

知念先生の紹介は、是非本人の確認をとってから
いつかこのブログで3部構成ぐらいで紹介したいです。
抜群の指導力です。

そして、全国大会で数多くの入賞、九州大会では
総合優勝旗を持ち帰るほどのビッグチームである陸上部を
統括するのが、監督である平良先生!

担当する短距離、跳躍ともに常に全国レベルの選手を輩出し
70人前後の大所帯を統率する指導力は、私など足下にも
およびません。目標とする指導者の1人です。

(写真:全国制覇した雄と春乃を紹介する平良先生。)
c0163383_2350554.jpg

平良先生の隣にある優勝カップが「県知事杯」とも呼ばれる
男女総合優勝杯です。
真ん中の大きいのが男女総合優勝杯。
その両隣が男子総合優勝杯と女子総合優勝杯です。


雄のコメントで印象に残った言葉。

「全国で優勝して、よく周りから「頑張ったね」と言われますが、
あのレベルになると「頑張る」というのは当たり前の事です。
周りがみんな頑張っているのですから、どうやってそれに勝つか
工夫して頑張らないといけないと思います。
本校には投擲専門のグランドもありませんし、県内にだって
練習場は多くありません。
なので、サッカー部や野球部がグランドを使用しない雨の日は
必ずハンマーや円盤を投げていました。」

(写真:ステージ上で言葉を述べる雄。)
c0163383_23594019.jpg


雨の日で、外練習がなくなる事を喜んでいる部活は
いつまでもこの境地には届かないでしょう。



続いて春乃の印象に残った言葉。

「私は陸上を通して1番成長できたのは人間力だと思います。
自分を律する事、思いやり、奉仕の心、目配りや気配りなど。
技術の向上ばかりを求めるのではなく、心の成長も大切だと
思います。
私の母は「大会は見に行かないから」と言いますが、大会の時は
隠れて応援に来てくれます。本当に感謝しています。
いつも支えてくれてありがとうございました。」

(写真:感謝の言葉が多かった春乃。言葉を聞いてて泣きそうになった)
c0163383_013979.jpg



2人とも那覇西ですが那覇出身ではありません。
雄は中部から、春乃は東風平です。

遠方からでも毎日の早朝練習を欠かしません。



平良先生の言葉で印象に残ったエピソードを最後に紹介します。

「2人は本当に練習熱心です。今年の国体でこんな事がありました。
春乃が優勝した翌日、朝の食事にターンシューズ(投擲専用の靴)を
履いて食堂に来ました。
どういう事かと言うと、国体優勝した翌日にの朝食前に
早朝練習しているのです。」


やっぱり、こういう選手が全国チャンピオンになるのかな。



福岡から帰ってきて、水泳の国体に監督としても、
総務としても、そして30才以上の選手としても国体に
参加しましたが、沖縄の水泳国体選手は自分のレースが終われば
朝練どころか練習すらしません。

今年なんか、レース終了後、ダウンしないでスタンドに
上がってきた選手がいました。
(さすがに監督ではないが注意しました)



負けたくないな。


陸上部も好きだけど、
水泳部の方が好きだから。

沖縄の水泳が大好きだから。
[PR]
by nnst55 | 2008-12-02 22:44 | 7824